影向の大樟(ようごうのおおくすのき)




社頭の「大樟」は当社創建の折、紀州熊野
より運ばれた「上皇手植えの樟」と伝えら
れており、樹齢は900年と推定されてい
ます。影向とは神仏が現われるという意味
で、現在では「樟大権現」「樟龍弁財天」
として多くの人々に信仰されています。大
権現とは熊野の神の化身(仮の姿)、樟龍
弁財天とは弁財天(仏)の化身という意味
です。樹齢900年の老木でありながら現
在でも成長し続けている姿を見て、「健康
長寿」「病魔退散」、特に「お腹の神様」
として御利益を求める人が後をたちません。
(京都市指定 天然記念物)




TOP 熊野信仰 境内案内 能楽発祥の地・本殿
御神木・御神鳥 年間行事 神幸祭参加者募集 全国熊野会会員募集
お守り授与 結納感謝祭
神前結婚式
神道講座 交通アクセス