Dつなかけ祭り
12月23日 11時より

大樟に新年の〆縄(しめなわ)を張る祭りです。〆縄は本殿で祈祷した後、御忌衣(白衣:おみごろも)を着た参拝者が大樟まで掛け声とともに運び、大樟に張り付けます。御忌衣は神社で貸与しておりますので誰でも参加できます。


E大祓式
12月31日 18時より
F新年祈願祭
1月1日 午前9時より

この1年間の穢れを取り除くための神事です。新年には多くの人々が「初詣」に神社に参拝されますが、大晦日の夜に穢れを祓った後、初詣に行くというのが神道の基本的な考え方で、大祓と初詣はセットの神事です。


G左義長神事(毎年)
1月15日 16時より

左義長(さぎちょう)とは、小正月に行われる火祭りの神事です。この起源は平安時代の宮中行事にあるといわれており、小正月宮中の清涼殿東庭で青竹を束ねて立て毬杖(ぎっちょう)三本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師(おんみょうじ)が謡いはやしながらこれを焼いたとあり、その年の吉凶などを占ったとされています。炎が高く上がると「吉」という意味で、毬杖(ぎっちょう)三本を結ぶことから三毬杖(さぎちょう)と呼ばれました。


B節分祭
2月 3日 16時より

節分祭は以下の三つの神事より構成されている京都の代表的な神事です
        疫神祭(えきじんさい)
疫神を荒ぶる事なく山川の清き地に鎮めるために門外に向かって行われる神事です。
       追儺式(ついなしき)
俗に「鬼やらい」と称し、平安朝の初期より毎年宮中でおこなわれていたものが現在に伝えられています。鬼即ち悪神を追い払い諸人の不幸を除いて人々の幸福と平和な生活を願つて執行されます。
       火炉祭(かろさい)
当社では「古いお札やお守りの焼却」並びに「人形祓式」を併せて行います。その炎に当たると無病息災をもたらし新春の幸運が授かるといわれています。

毎月第一日曜日 9時より 月次祭と神道講座



戻る

このページからは他のページに移動できません。戻るをクリックしてください。